WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

眠ることの大切さ

短眠に憧れてる人は多い。活動時間が増えることで得られるものが増えると考えさせられているからです。

実際には短眠であることのメリットはありません。

青少年とて同じ事です。以下の引用でもでてきますが、青少年は8時間9時間の睡眠時間があった方が良い。

これは欧米の研究に基づくものだとおもいますが、良く眠ってる子のほうが、成績が良いのです。
ちなみに運動している子のほうが、してない子より成績がよいのです。

以下毎日新聞引用

■眠育 寝る子は通える 深夜スマホ禁止/睡眠時間を記録 堺の中学で効果 「月10日欠席→皆勤」も
2016年1月12日 (火)配信毎日新聞社

午前0時までの就寝で欠席が減少――。堺市立三原台中学校(560人)が今年度から本格的に、生徒に早寝を促す「睡眠教育」に取り組み、生徒の欠席日数を減らす効果を上げている。

全校調査で欠席が多い生徒がスマートフォンの操作などで午前3、4時台まで起きていることが判明。

専門家のアドバイスで早寝を促し、休みが多い生徒の4割で欠席が減少した。月10日間休んでいた生徒がゼロになったケースもあった。【山田毅】

生徒指導担当の木田哲生教諭(32)が、眠育を提唱する三池輝久・熊本大名誉教授(小児神経学)の協力で実施した。原因不明の腹痛や頭痛で休む生徒の増加に悩み、テレビで知った三池名誉教授に依頼した。

昨年2月、全校生徒を調査。その結果、7割の生徒が午前0時前に就寝する中で、年30日以上休む31人中25人は午前0時以降と判明。

3時台が7人、4時台も5人いた。三池名誉教授は「睡眠不足が腹痛などにつながる」と指摘した。生徒から「スマホでラインのやり取りがやめられない」との声があったという。

4月に三池名誉教授の監修でA4判18ページの冊子「睡眠を考える本」を作製し、全校生徒に配布。総合学習の時間を使って指導を始めた。

「中学生は1日8~9時間の睡眠が必要」として午前0時までの就寝を勧め、寝る直前のスマホ・テレビは「脳に刺激を与えて眠りが浅くなる」と禁止した。また、休日に平日より2時間以上多く眠るのは「寝不足のサイン」とし「寝だめはできない」と指導した。

生徒に睡眠時間を記録させ、深夜スマホを続ける女子生徒には母親と一緒の部屋に寝てもらうなどの個別指導もした。

その結果、就寝時間が早まり、11月には、欠席が年20日以上の28人のうち4割にあたる12人で欠席日数が減少。

7月に10日間休んだ生徒の場合、就寝時間が午前3時台から約3時間改善し、ゼロになった。7月に11日間休んでいた生徒も2日だけとなった。

木田教諭は「ただ早寝しろでは生徒は言うことを聞かない。専門家の協力で、医学的な根拠を示せたのが奏功したのでは」と話している。

………………………………………………………………………………………………………

■ことば

◇眠育

睡眠不足が体に与える悪影響を医学的に説明して、十分な睡眠を取るように生徒らに指導する教育。

睡眠不足が慢性化した児童生徒の脳は疲労で機能低下し、血圧や体温を調整して体のリズムを作ることができなくなると指摘。

朝起きられなかったり、腹痛や頭痛などの症状が出たりして学校を休みがちになるという。文部科学省は今年度から、北海道や京都府宇治市など全国7道市町の学校で、睡眠アンケートや生活アドバイスをする実証研究を始めている。

ーーーーーーーーーーーーーーー
補足をいたしますと

原因不明の腹痛や頭痛は
睡眠不足の時の自律神経の素直な反応です。

身体は正直ですから、欲望にあまり刺激されず 早めに寝るように心掛けましょう。

子供への抗生物質が体重増加につながる!

とても重要な意見が示唆されている。抗生物質の使用が体重増加と寒冷性があることが指摘されました。

以下引用———————————————————————————–
抗生物質の反復使用は小児の体重増加と関連し、生涯にわたり、体重に影響する可能性が示唆された。

米国の若者16万4,000人近くのデータを分析した結果、約21%が小児期に7回以上の抗生物質の処方を受けており、これらの群の15歳時の体重は、抗生物質を使用しなかった群よりも1.4kg多かった。

Schwartz氏らによると、頻繁に抗生物質を使用した人にみられる体重増加は、完全なデータがないためにこれまで過小評価されていた可能性があるという。

因果関係は示していない。

Schwartz氏は、「小児期の抗生物質の投与でBMIが生涯にわたり変わる可能性がある。今回のデータは、抗生物質を小児に与えるたびに、体重増加が速まることを示唆している。こうした影響の累積で、成人期にはさらに悪化する可能性が高まる。抗生物質の全身投与は、強く指示された場合を除き避けるべきだ」と結論づけている。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26486756

————————————————————————————-

もしそうだとしたら、大きな問題ですね。
すべての事象や問題は関連していると考えると、カイロプラクティックの立場としては必要最小限に投与をとどめることを願います。

ほとんどの病は無投薬で対応できる、というより無投薬の方が良いという考え方はあります。

実際比較しようがない部分もありますが、できるだけ具体的にご紹介していけたら良いと考えています。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約