WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

抗鬱薬の増量に意味なし

気を付けて、抗うつ薬の増量

初回に抗鬱薬を処方されて効果が無かった方は、その後抗鬱薬を増量しても効果がないという研究報告です。

お薬の増量は意味ないですよ

抗うつ薬を増やすのに意味はない

多くの鬱病患者は、どこの国でも抗うつ薬単独の療法に十分に反応しない。これは日本だけじゃないんですね。そして抗うつ薬の漸増、高用量がしばしばどこの国でも行われるため、オーストリアの医科大学で二重盲検無作為比較試験のメタ解析を行いました。

1208例が抽出。薬剤の内訳はフルオキシトン448例、セルトラリン272例、パロキセチン146例、デュロキセチン255例、マプロチリン87例。

結果的に抗うつ薬を増量する方法は、標準用量を継続する療法と比べ有効ではない。個々の抗うつ薬どれでも効果は変わりない。

これは症状の度合いによっても特に差はない。

 

著者らは「メタ解析の結果から、初回の抗うつ薬治療において標準用量で治療反応が認められない患者への抗うつ薬増量療法は、うつ病に対する一般的なエビデンスベースの治療選択肢としてみなされない」としている。

原著論文はこちら
Dold M, et al. Psychother Psychosom. 2017;86:283-291.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28903107

私自身はそもそも薬は必要ないという立場

私自身はWHOの研究報告どおり、うつ病は抗鬱薬を処方しないほうが回復率は高いという立場、つまり患者さんの脳の問題ではないではなく、人生の危機に直面した時に出る人間の正常な反応という立場です。

WHOの報告によると、1年後は抗うつ薬を飲んでいないグループが一番治りがいいそうですよ。

自殺念慮がない限り抗鬱薬は不要という立場です。

悩んでいるようでしたら、そのまんまサンシャインにお気軽にご相談ください。

鬱病のリスクを低下させるのに週1時間の運動

鬱の予防にもなる運動

運動には様々な効果があることが解かってきているが、鬱病のリスクも低下させるようです。

当院にいらっしゃる方も最初は運動不足の方が多いので、運動をしてもらうように絶えず促しています。

女性の歩み

運動は鬱予防にもなる

カイロプラクティックは予防医学の範疇にはいるヘルスケアの専門職だと恩師、故竹谷内一愿先生からよく言われたのを思い出します。

政府もオリンピックを招致して国民の運動意識を高めたことは、大きな成果だと思います。

さて鬱病のリスクが低下する可能性を見ていきましょう。

 

ノルウェー成人3万4千人を対象にした研究

北欧はやはり先行していろいろな研究をしてくれます。大規模な研究は多くは北欧のものです。


ノルウェーの成人約3万4000人を対象に行われたコホート研究です。

この論文によると運動の強度に関わらず、週に一時間だけでも運動をすると将来の鬱病リスクが低下するようです。週に1時間運動していれば全体の12%の鬱を予防できたと推察されています。

運動しない人は1時間運動した人達と比べると約44%リスクが高かったようです。

研究者代表は

「ウォーキングといった軽い運動をはじめ、どのような種類の運動も、メンタルヘルスにメリットがあるということが今回の研究結果で最も重要なポイント」とコメントしている。

この研究では時間的には2時間でメリットは頭打ちになっているようです。
他の疾患と違って運動時間を長くすればリスクがより下がる訳ではないようです。

原著論文はこちら
Harvey SB, et al. Am J Psychiatry. 2017 Oct 3. [Epub ahead of print]
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28969440


そのまんまサンシャインは体育会系

勝手に体育会系理論を名乗って、筋骨格系を機能的、活性化させることで様々な効果があることをエビデンスを基に紹介しています。

運動をしていれば鬱にならない訳ではありませんが、少しでもリスクを低くしておくといいでしょうね。週に1時間でいいですから、簡単な運動を行うことをお勧めします。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約