WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

椎間板ヘルニアがあると腰痛が少ない

椎間板ヘルニアがあると腰痛は少ない。よって手術の対象ではない(意味不明ですか?)

先ずはヘルニアの定義はMRIを撮影し椎間板(Disk)が突出(Herniation)している状態を表す言葉
(痛みを表す言葉ではない)

2017年現在、痺れがある時にヘルニアという考え方をしないのが世界的なコンセンサスです。
ちなみに「神経根症状」といいます。

神経根症状とは、「腰痛よりも片側下肢痛が重篤」「足またはつま先へ放散する痛み・しびれ・感覚異常」「SLR(下肢伸展挙上)テストで下肢痛が再現」「局所における神経徴候」で、発症後4週間以内は専門医へ紹介する必要がない。http://amzn.to/Hk8veA

専門医に紹介する必要がないというのは、予後良好だということです。心配ないです。
6週間以内に50%の患者が回復するグリーンライト(自己限定性疾患)です。
やはり万国共通のゴーサインですから画像検査は必要ありません。

「椎間板ヘルニア」でお伝えしなければならない情報

とても大切な情報をいろいろ綴っていきます。エビデンスレベルの高いものばかりですから、ひとつひとつ確認してください。信じられない人は引用文献を確認してください。

1990年3月の医学論文。だれでも椎間板ヘルニア、椎間板の膨らみがある。ヘルニアがあって普通

20~80歳までの腰痛未経験者67名を対象にMRIで腰部椎間板を分析した結果、21~36%に椎間板ヘルニアが、50~79%に椎間板膨隆が、34~93%に椎間板変性が確認されたことから、

手術の選択は慎重にすべきと結論。ヘルニアは老化現象の一つで何方にでも起こります。
http://1.usa.gov/knGWuH

いいですか、ヘルニアというのは冒頭に書いたように飛び出ている状態を表すことばです。この研究のように腰痛の無い人にも多くの割合で、椎間板が飛び出ている状態が撮影されます。

1984年発表の医学論文です

21~80歳までの腰痛未経験者52名を対象にCATスキャンで腰部椎間板を分析した結果

年齢に関わらず35.4%に何らかの異常が検出され、40歳未満の19.5%に、40歳以上の26.9%に無症候性椎間板ヘルニアを確認。
症状が無い人にもヘルニアはあるのです。
http://1.usa.gov/mBTclS

バブル真っ盛りの1980年代に既に解っていたことです。一体それ以降何人の方が不必要な手術を受けてきたのでしょうか。とても大きな問題だと私は思います。

椎間板ヘルニアがある方がないひとより腰痛が少ない

2002年1月の医学論文、椎間板変性のあるほうが腰痛は少ない

健常者41名(腰痛の全くない方々)を対象に
腰部椎間板を5年間にわたってMRIで追跡調査した結果、

物理的負荷(重量物の挙上や運搬・腰の回転や屈曲等)という従来の危険因子は椎間板変性とは無関係で、腰痛発症率はむしろ椎間板変性のある方が低かった
http://1.usa.gov/ijefOR

腰痛の原因が椎間板ヘルニアだとご指摘頂いた方、信じられますか?
ですから腰痛を減らすために椎間板ヘルニアになりましょう、ともいえる訳です。馬鹿馬鹿しい。

よって、椎間板ヘルニアは手術の対象ではない

手術が趣味の方は手術をするのも悪くはないとおもいます。

~2004年発表のヨーロッパの腰痛診療ガイドライン~

手術は2年後に検討すべき手段の一

「痺れも含めたすべての慢性的な腰痛に対する外科的な手術は

適切な保存療法を行っても2年間行って変化が無かった場合に、幾つかある方法の選択肢の一つとして行うものです」

ヘルニアの手術が長期的に見て効果的という証拠はない!

「しかし現時点では手術をすることが長期的にみて効果的であるという証拠はどこにも無い。どういった手術が失敗に終わったかを考慮にいれて見当する必要がある。」

「また腰痛への外科的手術の結果がどのようになるのかについては今までより精度の高い研究をする必要がある」
(European COST for chronic non-specific low back pain2004)

ヨーロッパでは常識なのですが、未だにご存じない方が多いのが日本です。経済活動の一つになってしまった医療問題の一つに数えてみましょう。

手術はリハビリと同じ結果になる

「椎間板ヘルニアや椎間板変性に対する手術による治療成績は、集学的リハビリテーションと同等の結果になる」
(Fairbank J et al BMJ2005)(Brox jl et al Pain2006)

基本的にはリハビリテーションをしていけば大丈夫な話です。

椎間板ヘルニアの椎間板切除が術後2~3ヵ月間は保存用法に比べて機能的になるという証拠はあるが

それ以降保存療法と比べて有益であるという証拠はない。結論として手術は短期的なメリットはある」
(ChouR Baiseden J et al Pain 2009 May )

僅か2.3か月間の為にリスクの大きい手術が必要ですか?リハビリと同等の結果になるのは統計上明らかなのです。

神経根症状へのカイロプラクティックアジャストメント自体は今のところ証拠は不十分です

アジャストでよくなるケースもありますが、全体的にみるとエビデンスは不十分です。

運動療法しっかり行うマネージメントが必須

神経根症状に対して脊椎マニピュレーションを推奨する十分な証拠はない(確証度C)
http://1.usa.gov/uhlYSO

RCT(ランダム化比較試験)が不足していたためにこのような結論になっていますが、最新の腰痛診療ガイドラインではもう少し高く評価されています。

臨床上は痺れの度合いによるとお答えしておきましょう。歩けないほどの足の症状がある時は、背骨の調整だけで、簡単に回復するわけではありません。

ですから、そもそも画像診断は必要ないということです

腰痛、痺れに画像診断はしないでください勧告

腰痛のガイドラインなどでは、症状と画像所見との関連性が殆んどないことから「神経根症状」という診断分類になっています。

このため腰痛の為の画像診断ガイドラインでは
「進行性の神経症状が無い場合、画像診断をしないでください」と強い勧告がなされています。(Clinical Guidelines 1 February 2011)

このような社会状況ですから一般の方でご存じの方は少ないですが、これらのヘルニア(突出した状態)は症状の無い健常者でも起こっていることが研究により明らかになってきています。

何度も言いますが画像診断して映ったヘルニアと症状である痺れや痛みとは無関係であることが多いことが1985年以降の研究で証明されています。

実は椎間板ヘルニアが起こる仕組みは遺伝

双子の追跡調査で明らかになった驚愕の真実

以前は、重い荷物をもったり、こしに負担のかかる仕事をしている人がよく椎間板が潰れてしまうということが、まことしやかに言われていました。

実際には白髪になったり、皺が出来たりするのと同じで遺伝情報により椎間板が飛び出すことのようです。

どんどん重いものを持ち上げましょう

一卵生双生児を対照にした比較検査(フィンランド・600例)では、BMIが高値、引き上げ筋力が強い、作業強度が高いといった
従来考えられていた椎間板損傷危険因子は、すべて椎間板変性を遅らせる
(Videman T 2007 1406-13)

1995年の国際腰椎学会 Volvo Award に輝いた論文です

男性の一卵性双生児115組を対象にMRIで椎間板変性を促進させる危険因子を調査した結果、

椎間板変性は仕事やレジャーによる身体的負担、車の運転、喫煙習慣といった物理的因子より、遺伝的因子の影響を強く受けていることが判明。
http://1.usa.gov/kWg7Iw

周囲の方から、このようなことを聞いたことはありますか?
  1. レーザーなどで椎間板を手術したのに、症状は残ってしまった
  2. 針治療などの保存療法でヘルニアが治った

1.の場合、もし画像所見での椎間板が神経に当たらないはずの状態になっていても、痛みだけが残っているのは不思議ですよね。

2.の場合は針治療で膨らんでる椎間板が引っ込むわけでもありませんが症状は回復します。

勿論突出したディスクの影響で痺れや痛みが出ることもありますが、そのような症状で外科的な手術が必要な方は1%未満です

MRI撮影の後に、椎間板ヘルニアと診断を受けてしまった場合でも、椎間板の飛び出ているものは、体内のお掃除細胞が綺麗に食べてくれることまで分かってきています。

ではどうして痺れや痛みといった症状はあるのでしょうか?

きっかけとなるのは、社会心理的なストレスにより筋膜が痛み物質を出していることと私は考えています。

もともとあった疲労、運動不足による血流不全が原因と考えられることもあります。この場合血流不全は神経根や筋単位それぞれあります。

また身体全体の運動連鎖、筋膜連鎖の限界から症状がでていることが多いです。ドイツでの最新の研究によると筋膜に分布する神経線維が直接プロスタグランジンなどの発痛物質を自ら筋膜に放出させるそうです。

それらの不具合を運動療法、カイロプラクティック、運動療法、認知行動療法、筋膜リリースなどで機能回復させていくのです。

ヘルニアで手術が必要なのは1%以下です

その1%の方は尿や糞便が漏れてしまったり、勃起障害があるような馬尾障害という兆候がある方だけです。

ヘルニアと鬱の関係

ヘルニアと鬱

ヘルニアと鬱状態の関係について調べていらっしゃる方も多いようですから、科学的な情報を記しておいきます。

ヘルニアは状態

まずヘルニアというのは状態を表している言葉です。herniate(する)で飛び出るという意味です。

状態を表す言葉ですから痛みや痺れを表しているわけではありません

例えば鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)というのがあります。高齢者で大腿部の付け根の鼠径部がプクッと出ている方がいます。けれど痛みはないことも多い。

腰や首のヘルニアに関しても痛みが無い人が半分いる。これを無症候性のヘルニアと言います。例えば下の論文。30年前にそのようなことが解かっています。

1984年発表の医学論文です 30年まえですよ30年前

21~80歳までの腰痛未経験者52名を対象にCATスキャンで腰部椎間板を分析した結果
年齢に関わらず35.4%に何らかの異常が検出され、40歳未満の19.5%に、40歳以上の26.9%に無症候性椎間板ヘルニアを確認
http://1.usa.gov/mBTclS

何が言いたいかというと、ヘルニア自体は腰痛や痺れの原因ではないことが科学的に証明されているということです。知らない人多いけど。
詳しくはウチのウェブサイトみてください。

鬱は社会との関係

鬱というのは脳の機能低下なのですが、鬱や不安があると慢性的な痛みが協調されることが解かっています。抑鬱状態というのは脳の扁桃体という部分が過敏になっています。

なぜ脳が機能低下するかというと、そのような使い方になっているからです。

だれも好き好んで、鬱になる使い方はしていないとは思いますが、敢えてそのような表現をしましょう。

脳というのは解かっていないことも多いですが、私自身は環境に対するレスポンスだと考えています。環境というのはその方をとりまいている様々な事です。

例えば東京23区ですと足元はすべてアスファルト、空き地も殆どなくギスギスした居住空間となります。そのような中で経済発展もないまま、規制が強化され、隣人を信用できなず、メディアの情報はネガティブなものばかりで不安を煽られ、消費を促され続け、ちょっとしたことでディスりあっているような社会環境ですと、多くの方は扁桃体がビンビンに刺激され、鬱になるのが自然なレスポンスではないでしょうか。そのような社会との関係で生きている人が多い。

加えて周囲との人間関係が悪化したり、会社でのノルマがきつかったりと人間的でない状況になりやすい日本、また友人関係、恋愛関係等がトリガーになることもあり得ます。

 

うつ病治療を受ける八千人を対象に行われたアメリカでの研究では、その四分の一が臨床的にはうつ病ではなく、例えば誰かと死に別れたなど、人生の中で当然のこととして起きる出来事を経験していたにすぎなかったことがわかっている

ですから多くの方の状況はというと、「腰痛や痺れが出たから病院で画像診断を受けたらヘルニアが見つかった。しかしヘルニアと腰痛は因果関係がほぼ無いです。」

腰痛と鬱病というのは関係しています。腰の問題だけではないことが慢性腰痛では特に明らかです。

■重量物の運搬・前屈み・腰をひねる・振動を伴う仕事が腰痛の危険因子とはいえない。ストレス・遺伝・幼少期の環境などの心理社会的因子も評価しなければ肉体労働と腰痛の因果関係は解明できない。http://1.usa.gov/VbSili http://1.usa.gov/WKS6G0

■腰椎手術予定の患者122名に心理テストを実施し、疼痛・機能障害・就労状況を1年間追跡調査した結果、心理的苦痛(不安や抑うつ)が少ないほうが疼痛改善率も職場復帰率も高かった。心理的苦痛は慢性腰痛の治療成績を左右する。http://1.usa.gov/WKVUXT

ですから、足に痺れがあったり、腰痛があるひとの半分は画像診断をすればヘルニアが見つかり=まったく無症状の人も半分はヘルニアが見つかる

そのように体が痛い状態の人は、社会的にも何かしら痛い状態であることが科学的に判明しています。

これがヘルニアと鬱との関係です。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約