WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

週2~3皿のベリー類柑橘類で男性機能の維持を

男性機能の維持にフラボノイドが良いみたいという研究結果。
こんな研究です。

以下引用

—————————————————————–

ベリー類、柑橘類、赤ワインに含まれるフラボノイドが男性の健康な勃起維持に役立つ可能性があり、フラボノイドの豊富な食品が勃起障害リスクの低減に関連おじさん

フラボノイドは、果物や野菜に含まれる色素だ。研究では、3種類のフラボノイド―アントシアニン、フラバノン、フラボンが、勃起障害の予防に及ぼすベネフィットが最も大きいことが判明。

1986年以降の定期的な健康調査に回答した中高年男性2万5,000人超を対象として研究を実施。2000年、2004年、2008年に、性交渉をもつのに十分な勃起があるか、それを維持できるかを回答してもらい、フラボノイドの豊富な食品の摂取量と比較した。

その結果、果物の総摂取量が多い人では勃起不全リスクが14%低下していた。また、フラボノイドの豊富な食品を摂取しており、運動の習慣がある人では、同リスクは21%低下していた。フラボノイドの恩恵は、70歳未満の男性で特に大きかった。waaaht-icon

フラボノイドの豊富な食品を定期的に摂取していた男性では勃起不全リスクが10%低かった。量でいえば週2~3皿分に過ぎない
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26762373

—————————————————————–

色ものの野菜や果物をコマめにとれば週に2皿分くらいにはなるでしょうから、食後やオヤツに果物をチョイスしておくといいでしょうね。

あと運動をしておくのもポイントのようですね。

汗の匂いの考察

3年前の研究のようですが、匂いでコミュニケーションを取っているという新しい知見。http://www.psychologicalscience.org/index.php/news/releases/the-knowing-nose-chemosignals-communicate-human-emotions.html

記事では、2日間匂いのある食べ物やアルコールを取ら無いという条件で
激し過ぎる運動をした男性、煙草を吸った男性の汗の匂いを、女性に嗅いでもらい反応を見たものです。

何かしらのストレスを感じていた男性の汗の匂いは、女性を感情的に不快にさせるようです。
ストレス社会と言われていますが、ちょっと怖いお話ですね。

余談にはなりますが、マイオセラピーの治療中に交感神経性の発汗が起こることがしばしばあるのですが、
症状からの回復期にある患者さんの汗の匂いはとても不快な匂いがします。

腐ったような匂いの汗です。昔から治療で「悪いものが出た」と表現しますが、本当に悪いものが汗からどっさり出てくるのだと感じています。

嗅覚は言葉や視覚よりも、もっと古い感覚だとよく言われますよね。
黙っててもなんとなく落ち着く男性、たくさん喋っていても落ち着かないしなんかイライラする男性というのは、もしかしたら発している匂いが
良くないのかもしれませんね。

お互いに工夫をして今よりもストレスの少ない生活を構築していきたいものです。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約