WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

大腸がんリスクを下げる菜食主義

菜食をすることで大腸がんリスクが20%低減

歳を重ねると自然と肉類は減ってくるものの、若いうちから意識するに越したことはありません。

アメリカでの7年間にわたる、77000人への追跡調査の結果です。

研究の対象とした菜食主義者は、肉だけでなく甘味類、スナック食品、精製穀類、カロリー飲料の摂取量が少なく、果物、野菜、全粒穀類、豆類、ナッツ類を多く摂取していた。

面白い所は
Alfred Neugut氏曰く

「菜食により大腸がんリスクが低減する理由はわかっていないという。野菜に防護成分が含まれているのか、肉に有害成分が含まれているのかは明らかにされていない。菜食は、運動や禁煙など、他の健康的な行動を示す指標である可能性もある。」 と述べられていること。

被験者の約半数は、週1回以上肉を食べる非菜食主義者だった。その他の被験者は、以下の4タイプの菜食主義者だった。

・肉を食べる頻度が週1回未満の半菜食主義者(semi-vegetarian)。
・肉は食べないが魚介類を食べるペスコ・ベジタリアン(pesco-vegetarian)。
・肉を避け、卵や乳製品を食べる乳卵菜食主義者(lacto-ovo vegetarian)。
・肉・卵・乳製品をいっさい食べない完全菜食主義者(vegan)。

非菜食主義者に比べ、菜食主義者全体では大腸がんリスクが平均22%。

ペスコ・ベジタリアンが一番大腸がんリスクが下がるそうで43%低減。

完全菜食主義者では16%、乳卵菜食主義者では18%、半菜食主義者では8%、リスクの低減がみられた。

Orlich MJ, et al. JAMA Intern Med. 2015 Mar 9. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25751512

私自身はなるべく野菜を摂るようにこころがけています。セミベジタリアンを自称していますが
週に1回以上お肉を食べることもあります。

ベジタリアンになっても84%は肉食に戻るという研究もありますが、それでもベジタリアンの経験をしておくこをは、重要だと私はおもいます。 http://www.techtimes.com/articles/21671/20141207/84-percent-of-vegeterians-become-meat-eaters-again-study.htm#ixzz3LGrGI1Mo

おすすめの書籍は蒲原聖可先生の 「ベジタリアン食のススメ」です。
非常によくまとめられていて、なんだかとっつきにくいベジタリアンというイメージが払拭されるとおもいます。

食は健康を維持するのに絶対必要な条件です。無理なく少しずつ健康生活になれるといいですね。

野菜や果物を1日5単位から7単位にしようという呼びかけの最前線に立ち続ける覚悟はあるか?

健康関連で最近私が意識しはじめているのはVegitarianについてである。
活き活きとした生活、QOLの向上には程度の差こそあれ、欠かせない要素の一つだと考えています。

 

ベジタリアンというと野菜しか食べない生活を連想しがちですが、そもそもの語源はVegitableでは無いようです。
このベジタリアンの語源はラテン語のvegetus(ヴェゲトゥス)に由来し「完全な、健全な、生き生きした、活発な」という意味で日本語の「野菜人」、ではなく「菜食主義者」というのも適切ではないでしょう。

(ときどきベジタリアン食のすすめ 蒲原聖可著 p6)

 
私自身はいまのところ少しこずつ肉食を意識的に減らして、野菜の摂取量を増やしていっているセミ・ベジタリアン。
たまに外食などでに肉食べちゃいます ってういうくらいいい加減なものですが、それでも体重は自然に落ちてきて、なおかつ活動的な日々を送らせていただいています。

そんな活動的なプレイヤー達を後押しするようなレポートが去年あたりから続々と出て来ています。

今回はBBCニュースの報道で
「1日7単位の野菜や果物が命を救う」と報道し、Daily Telegraphは「1日10単位の野菜や果物がベスト」という。
英国の健康調査に参加したランダムに選ばれた65000人以上の成人の情報を用いた研究結果によるところの考察。(NHS choices 2014 Apl.) より

1日に7単位以上野菜や果物を食べる人々は1単位以下しか食べない人々より33%リスクが低い。
・総死亡
・癌による死亡
・心血管系障害による死亡

死亡リスクが低くなるのは、どちらかというと健康なのでしょう。

注目したいのは野菜類、レタスなどのサラダ類とフレッシュもしくはドライフルーツを食べる群が得に疾患死亡リスクが低下していること。
またこれらを摂取する社会的なグーループは高学歴や社会的地位が高めのグループに属する事が多い。

野菜とフルーツを摂るようになり、カロリーと砂糖摂取を気にしてさえいればより愉快な生活になると締めくくっている。

日本ではいまだに沢山栄養をとらないといけないような空気がありますが、食べられない時代は終わって、ホームレスが糖尿病になる時代です。
疾患の形態がかわってきているので欧米では既にベジタリアン食がガイドラインになって栄養学の中に組み込まれています。

このブログではいままで運動不足が不景気の原因の可能性があることを指摘してきましたが、食問題も関わっているのかもしれません。

これからはそのあたりについても関連づけて考察していけたら面白くなるなあと 考えています。
健康の最前線を実践して行くなら当院のプレイヤーになってくださいね。(当院では患者さんではなくて全員が人生を楽しむプレイヤ-です)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約