03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰痛などの原因と対処法につてエビデンスをベースにWHO基準カイロプラクターが質の高い文献情報を提供

腰を抑える男性

腰痛の原因を探る

本題の腰痛の原因あれこれ

腰痛の原因はあれこれ言われています。腰痛の名称として世界的な統一見解で、「非特異的腰痛」という診断名があります。

これは「特異的に非(あらず)ず」、特異的はもともとの英語はspecficですから「明確な、具体的で、はっきりしている」などの意味ですから、

「具体的な原因がわからない」という意味になります。

2019年5月に日本版「腰痛診療ガイドライン第二版」が出版されました。2012年以来、7年ぶりの改訂になります。

日本のガイドライン、海外の腰痛診療ガイドライン、またガイドラインが作られている背景なども考えながら、腰痛の原因と対処法について考察していきます。

勿論カイロプラクティックの臨床も日々行っておりますので、ご希望の場合はお気軽にご連絡ください。

またページ下部にカテゴリーがいろいろありますから、気になる記事をご一読いただければ幸いです。

鬱と不安と「痛み」に大きな関連性

まず世界保健機関のデータになりますが、腰痛も含めた痛みがあると心理的には「不安」や「鬱」があるのが通常です。

これは「不安、鬱」が先にあって腰痛になるのか、腰痛だから不安や鬱になるのかは人それぞれなのですが、急性期に関しては不安や鬱のストレスがあって痛みが出やすいというドイツの研究があります。

1999年のWHOのデータです

WHOの心理的問題に関するデータを用いて14ヶ国の患者25,916名を分析した結果、プライマリ-ケアを訪れるうつ病患者の約70%は身体症状を主訴として受診しており、最も一般的な症状は痛みに関連するものであることが判明(N Engl J Med. 1999 Oct 28)

※プライマリーケアは主治医さん、かかりつけ医です

もう17年前のデータなのです。勿論身体の痛みを診させていただくことは大切ですが背景にこのような状況があるということが知っておくことは大切なことの一つです。

特に慢性腰痛には鬱対策が必要

お医者様なり、われわれ医療類似行為をする立場の方でも臨床家ならば経験上知っていることですが、6カ月以上続く腰痛の方、つまり慢性腰痛の方の多くは抑鬱状態(抑鬱状態)にあります。

いくら腰が改善しても陰鬱な気分で、気分が晴れない、生活に活力がない状態です。

勿論患者さん本人は「腰が痛い」わけで

アメリカのノースカロライナで、2009年の研究

慢性腰痛のための薬物処置や無意味な通院が過剰であることは、以前とあまり変わらない。

慢性腰痛の治療には「運動療法」や「うつ治療」が必要であるが、現在の慢性腰痛に対する治療処置パターンは、従来通りの薬物療法と医療機関の過剰利用であることが調査で判明。(Spine Carey et al.2009 Apr 1)

さて2019年のデータです

慢性腰痛患者に理学療法を行うグループより、理学療法+認知行動療法を行うほうが生活の質、痛み、腰痛による活動障害すべてにおいて改善するということです。(Epub 2019 Feb 11. Hajihasani A 1、Rouhani M et al.)

ここで言う理学療法は、一般的な理学療法から電気治療、リハビリ、筋膜リリースなど広義になります。

それで面白いのは痛みに伴う「うつ症状」に着目すると、理学療法単体の方が理学療法+認知行動療法よりも良い結果になっている質の高い論文があったという部分です。結論として理学療法の効果は外せないとしている。

慢性腰痛にはとにかくいろいろ動かしていった方がいいですね。

出産前後から起こる腰痛

出産前後から慢性的に骨盤周りに起こる腰痛は世界的にも問題になっているようで、痛みの由来が筋筋膜性のも、内臓由来、腱や靭帯によるもの、骨格構造からなど、どこの組織に由来するものかを判断するのが難しいようです。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4368679/

出産によって様々な組織が引き延ばされますので当然かもしれませんし、上記の組織どれか一つということも考えづらいですね。医学的に考える場合「この組織が」と特定しなければならないので、表記が難しいところですね。

いたみの分布においては、仙骨部、臀部、鼠径部および恥骨結合部に頻繁にみられ、比較的多いのが背中や腰といった背部、下部腹部ならびに脚部(腿、腿裏、フクラハギ、脚の裏)に見られます。(上記のリンク参照)

何か気になるデータがあれば、ご一読いただければと思います。

腰痛や鬱病、自律神経症状など不健康でお困りの方のお力になれるので、お気軽にご相談ください。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約