03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰痛への施術の種類は多い方が良いだろう

脊椎ジャーナルに掲載されていた2018年5月の論文。

慢性腰痛の治療のためのマニピュレーションとモビライゼーションの系統的レビューとメタ分析です。

これは長年論争のある「腰痛患者に対して」背骨をゆっくり動かしてあげるモビライゼーションとマニピュレーションのどちらが有効でどれぐらい処方した方がいいとか、安全性を調べたメタ解析なんですけども、どちらも有効ですし、どちらも安全である、組み合わせていくことも有効の可能性があると結論付けられています。

まず患者の痛みを改善して機能改善する可能性が高いという中程度の根拠がでは示されてますが、メタ解析というのは超一級の研究です。

エビデンスレベル

超一級のメタ分析。過去のさまざまな研究を批判的に吟味してだされた結論です。それで中等度のエビデンスですから、まあ信頼できるけど絶対的ではない、と表現すれば現実的ですね。

ここで言われているの、「操作」というのは背骨のマニピュレーション、つまり国際基準のカイロプラクターが日常的に使う高速、低振幅の操作は、ゆっくり動かすいわゆるモビリゼーションよりも大きな効果を出すようです。

少し前の研究だと、同程度とありましたが、この研究ではマニピュレーションに軍配が上がっています。

どちらの治療法も安全が確認されています。

マルチモデルプログラムつまりいろんなタイプのモデルのプログラムは有望なオプションかもしれません。

日本の現状、治療院はいろいろな手法を使っています。

そのまんまサンシャインもカイロプラクティックから、指で押す、運動療法、認知行動療法と実にさまざまな手法です。

これは研究されていないだけで、どこの治療院も同じだと思いますが、日本ですといろいろな手法を行っているのが現実だと思います。

理由は保険適応外で代替医療をつづけていくには、症状を良くするしか信用を得られないからです。もちろん回転を良くするという方法もありますが、その場合広告宣伝費が想像以上に発生しています。=治療院を維持する上で、患者さんを回さないと無理ですから、必然的に時間をかけたマルチモデルの対応が不可能になります。本当は医療の枠組みで過不足なくの一つになれば患者さんのためにはいいんでしょうけど…

ですからマインドフルネス、認知療法、マッサージ、ヨガ、太極拳など個々に腰痛に対して効果が立証されているのを組み合わせるのは有望なオプションかもしれません。

個人の治療院では必然的に色々やってるんですけども経験上は、いろんなことをやった方が有望であるように思います。

体のことについて考えるとちょっとややこしく思えるんですけども、例えば料理も少量ずつでいいのでたくさんの種類の物を取るといいのは何となく体感的にわかっている方が多いですよね?

そのバランスが何事も大切ですから。

時には一点集中して、そうですね例えば運動した後にタンパク質を多めに取ったほうがいいとかそういう意味でちょっとマッサージ的なことを増やした方がいいとか、そういうことなんですけれども、いろんな治療をしたほうが患者さんにとって長い目で見ると有益でバランスがとれる方向に行くんじゃないかなと思います

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1529943018300160?dgcid=raven_sd_recommender_email

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約