WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

オーストラリアでは本気の腰痛キャンペーンが行われていました


著名人にメディアで語ってもらう形をとったオーストラリア

医療費の削減。これは先進国にとってどこも悩みの種です。不思議の国日本は2012年末に日本腰痛学会と整形外科学会が診療指針を変更したそうですが、これが臨床現場に活かされる日は当分先だそうです。

オーストラリアでは政府がメディアを使って1997年に大々的に腰痛対策を行っています。芸能人やスポーツ選手にゴールデンタイムのCMで腰痛の新概念について語ってもらうというものであったらしいです。

結果は腰痛部門だけでも医療費を大幅に削減できたそうです。たしかビクトリア州だけで500万豪ドル削減だと記憶しています。
日本では2019年現在、未だにレントゲンの画像にビビっている患者さんが可哀そうになる時もあります。

善悪両方でありますが、映像、画像の力は大きいようです。 

■「腰痛に屈するな」キャンペーンでは『The Back Book』から抜粋した、長期間の安静はとらず、普段どおりの活動的な生活を継続し、仕事を休まないようにという明確なアドバイスが強調された。http://p.tl/cSQr http://p.tl/CFpH

キャンペーンの主要なメッセージは
・ゴールデンアワーのテレビコマーシャル(腰痛には日常生活が一番など日本でいうと公共広告機構のようなCM)
・新聞や雑誌の広告(腰痛は安心してください、2.3日が痛みのピークです等)
・屋外看板広告
・ポスター
・腰痛セミナー
・職場訪問で伝えられ、さらに『The Back Book』を16言語に翻訳して広く配布し、ビクトリア州内のすべての医師にエビデンスに基づく腰痛診療ガイドラインを提供する

という徹底したものでした。これらのキャンペーンは一流スポーツ選手やセレブなど著名人を起用して腰痛は怖くなく自然寛解するものと訴え続けたようです。

何事も中道をいく日本の姿勢も絶対悪ではありませんが、医療関係者の為の中道は患者さんにとっては少し迷惑かもしれませんし、ひいては医療費の爆増にも繋がっていると思われます。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約