WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

11歳~15歳の腰痛


成長速度が速すぎ、喫煙、アルバイト、ハムストリングが硬い、太腿の前が硬い

思春期11歳から15歳の腰痛で病院に行くといろいろなことを言われますが、コホート研究によれば喫煙、成長が早すぎる、アルバイト、太腿が硬いという理由によるようです。
もし思い当たることがあれば、それらを除外するような方向で行けば腰痛は減ってくるのではないでしょうか。

■11~15歳の502名を対象に1年間追跡した前向きコホート研究によれば、思春期における腰痛の危険因子は「成長速度が速い」「喫煙」「学業とアルバイトの両立」「ハムストリング筋が硬い」「大腿四頭筋が硬い」だった。http://goo.gl/pFbDXH

バックパックが子どもたちの腰痛の原因だとする説によって世界中のメディアが大騒ぎしたことがあります。つまり、バックパックを使用している学生は、筋肉および靭帯の断裂、椎間板の損傷、脊椎の歪み、脊柱側彎症など、生涯にわたる腰痛の危険に曝されていると報道したのです。

しかしこの説を支持するエビデンス(科学的根拠)はありません。カナダのモントリオールで行なわれたこの研究では、成長速度やアルバイトは変えられないとしても、禁煙と大腿筋の柔軟性を獲得することで思春期の腰痛を予防できる可能性が見い出されました。

今喫煙はダサいから、タバコ吸ってる若者は減りましたが、とりあえずはフトモモ周囲のストレッチを毎日すれば良いようなきもします。
客観的に腿が硬いかどうか分からない場合は、お近くのカイロプラクティックに一度足を運ぶといいですよ。

学生さんは学生料金で見てくれるカイロプラクティックが多いから、活用していみましょう。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約