WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

うつ病へのSSRIの効果はあるの?→ない


軽度の鬱病には効果がないことが判っている

うつ病の方でSSRIが効くと思って服用されている方も多いと思います。
このお薬は大規模な研究でプラセボと差がないことが解っています。

※プラセボとは偽薬のことで通常、メリケン粉を「お薬です」と言って患者さんに処方します。

JAMA. 2010 Jan 6;303(1):47-53. doi: 10.1001/jama.2009.1943.
Antidepressant drug effects and depression severity: a patient-level meta-analysis.

大規模なメタ分析(=メタアナリシス=これまでの分析結果をさらに批判的に吟味して分析する超一級の論文のこと)で2008年と2010年に行われていて、海外では5年前にニュースになっていたようです。

エビデンスレベル

最上級の質の高い研究

諸外国のうつ病のガイドラインでは、軽症のうつ病では薬物療法を第一選択から外しているという。

軽度のうつ病は、ほとんどの場合が生活習慣病であると井原裕先生も著書「生活習慣病としてのうつ病」の中で仰っている。
まずは睡眠時間を週に50時間確保してあげるコトが大切であると。取り敢えずお薬ではなく、適切な療養指導を行う、ということです。
抑鬱傾向の方は短眠志向であることが多く、お身体に相当な無理がかかっている場合が多いです。

人間は昔も今も

私はカイロプラクターなので精神科や心療内科の先生方とは違った見方をしているのですが、人を診るという観点では共通します。

診断名はあくまでもレッテルにすぎないので、狂気や落ち込みはその方がそれまで生きてきた枠組みでは生きていけないよというサインだと考えることが大切です。

大切なのは立派なものでなくてもいいので何かを「創造」していくことです。小さな一歩を踏み出す。

われわれにできることは、その創造する行為の手助けや見守りだとおもいます。カイロプラクティックの構成要素に「芸術」と「哲学」があります。人間を観させていただくときに、このような要素が必要だということを経験を重ねるたびに思います。

日本の場合Googleのアルゴリズムは国の方針に従っている

ここで社会的な側面に目を向けてみます。グーグル先生に「SSRI 効果」と聞いてみると、効果的であるという記事が上位をしめています。
しかし医師が教えてくれると言われるサイトでも、参考文献がありません。

医師は参考文献なしでも発言してもいいけど、医師でないと発言できないのがGoogleの世界。そもそも脳内セロトニンの不足という仮説は、あくまでも仮説だということです。
(だいたい動物実験の結果です=エビデンスレベルは11/12)どれくらいの感じかといいますと
「この100万円の壺を買うと腰痛が治るよ」と言って本当に腰痛が治ったという話の次に信用度が高いお話しです。

社会の枠組みとして、これだけ薬剤師さんがいて、精神医療の産業が盛んになっていると、その方々の生活を維持する必要があります。
中長期的に考えると、効果がないならば健康保険の外で行ってくださるほうが、そのお仕事に携わる方々の為だと私はおもいます。

精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ

三島由紀夫の名言、『精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ。』

残念ながら「あなたは○○です」と適当なレッテルをお伝えして「この薬を飲めば楽になります」ということはありません。
それは「あなたは幸運です」。「年末ジャンボを買っておけば10億円当たるかも」ということと差はありません。

いま日本国民にうつ病が多いのは個人のせいなのでしょうか?教育問題ですよ。
国家レベルで今までの考え方、生き方では生きていけませんよ という素直な反応だとも考えられます。身体は正直です。

人間の精神はお薬では治りません。また治す必要があるのか?という観点も必要です。1億総薬漬けで何とかなるか?その枠組みが変わる時が来ています。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約