WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ストレッチしても取れない腰痛は何が起きている?


定量的に測りづらい筋肉の硬さ

ストレッチをしてもなかなか取れない腰痛があります。何が起きているのでしょうか?

現在筋膜の研究が盛んに行われているのですが、問題は10代の筋肉の硬さと80代の筋肉の硬さを同じに扱っていいのか?どうしたら定量的に表せるかということです。

現在確実に腰痛の原因だと言い切れる、脳が痛みの拡大解釈、ストレス説は確かにそうなのですが、臨床的には筋骨格系は確実に関連しています。

ただそれが定量化できないので、確実に言い切れないというのが現状です。

腰に羊羹(ようかん)のような筋肉の塊がある

羊羹

こんな筋肉の塊が腰にあります。

ある程度筋肉質の方ですと筋肉の分厚さもあります。長年腰を伸ばす方向で使って来なかった方が何かをキッカケに腰痛を覚えると大変です。

かなり強い指圧を受けても表面2㎝くらいまでは柔らかくなっていることがありますが、それ以上の深さの部分は指が届きません。

この大きさになると筋硬結っていうよりは筋肉そのものが全部硬い。その硬い筋肉が羊羹のように長く続いているのです。そりゃ腰が重かったり、痛かったりする訳です。

ですからストレッチや認知行動療法や運動療法でカヴァーできる範囲を超えているものと考えてもらっても良いかもしれません。

勿論運動療法を毎日数時間できるような生活に切り替えれる方なら数か月で回復に向かう可能性は十分にありますが、現実の生活を考えると難しいですよね。

羊羹様の塊があるとストレッチしても腰痛はとれない

ストレッチ

ストレッチ

このような永細い塊があると、例えば写真のような前後開脚でもいいし、左右の開脚splitでも180度できたとして、べちょっとお腹が床についたとしても腰の塊がそのままですから腰痛はあります。

ダンサーやバレリーナの人で股関節は柔らかいんだけど、腰が硬い方はいらっしゃいます。施術家同士で話をすると、そういう会話になります。腰に筋肉の塊があって、柔軟をしても他の部分が柔らかいので、その柔らかい部分が代償して動きます。

もっともヨガに熟達した方なら、背骨にある72個の関節を自由に動かせますから、ある一部分が硬くなるということは無いです。

そのレベルに達するには何十年と必要だと思われます。

肝心の伸ばしたい硬い部分が伸びない。身体が柔らかいひとで、もし数週間くらいそのような状態が続くなら早めにカイロなりマッサージなり施術を受けることをお勧めします。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約