WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

不眠症は腰痛発症のリスクになる


3.7年の追跡調査で不眠があると1.4倍腰痛になりやすいことが判明

2014年の研究になります。労働者にたいして行われた研究で不眠症は腰痛になる兆候の一因子であることが判りました。

腰痛がある方は不眠症を伴っていることが多いが、不眠が腰痛を招くのか、腰痛が不眠を招くのかは判っていなかったのです。

不眠と腰痛

健康な労働者を2131名を3.7年追跡したところ、経済的指数やライフスタイル、身体測定など補正したのちに分かったことは、不眠の方は1.4倍腰痛のリスクが上がるそうです。

また腰痛から不眠になることはないようなので、不眠があって腰痛になるという関連性が見出されたそうです。

イスラエル・ハイファ大学のMaayan Agmon氏らによる報告。

原著論文はこちら
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25084165

当院にも不眠ぎみで腰痛の方がいらっしゃることがあります。

短眠が優れていると考えられがちですが、多くの研究で疾患のリスクが上がり、生産性も落ちることが指摘されています。

健康第一ということで、ここ半年はワークライフバランスを考え睡眠時間をしっかり取るようにこころがけています。

長年睡眠不足だったようで少しずつ長年の疲労が取れていくのが分かります。
なにしろ日本人は特に睡眠時間が少ないようなので、腰痛予防もかねてしっかり眠る日々を送りたいところですね。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約