03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

重度喘息と中等度喘息とは異なるタイプ

軽度・中等度喘息と重度喘息は異なるタイプの疾患

私自身数年前に喘息の診断が出され、吸引薬による治療が長引いた経験からいろいろなことを試しました。
喘息で苦しむ患者さんの考察の材料になればとおもい、blogに引用します。

軽度あるいは中等度の喘息患者のおよそ半分は、より重症の患者とは異なるタイプの疾患であることが新しい研究で示され、通常の治療が奏功しない喘息の説明になるようです。

喘息は気道の炎症を伴う慢性疾患で、現在の抗炎症治療は、喘息で一般的な好酸球性気道炎症を標的としている。好酸球(eosinophil)は白血球の1つで、感染との闘いを助け、免疫応答における役割をもつ。しかし、今回の研究では患者の半数近くで好酸球性気道炎症がみられなかったという。

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)気道臨床研究センター長のJohnFahy氏らのチームは、9件の臨床試験に参加した喘息患者995人の喀痰試料中の好酸球を繰り返し測定。47%では気道に好酸球がみられなかった。

好酸球性気道炎症のみられない患者があるようだ

一部患者は、間欠的に好酸球性気道炎症があり、一部の患者はどの測定でも好酸球がみられた。また、抗炎症薬である吸入コルチコステロイド(ICS)を用いていない患者の36%に症状がみられ、ICSを用いている患者の17%に症状がみられた。喘息と好酸球の関連を調べた過去の研究では1回しか試料は採取されていなかったが、今回の研究では何度も調べられた。

好酸球性気道炎症の患者には従来の治療が良い

2週間の抗炎症薬および気管支拡張薬治療の後、好酸球性気道炎症の患者に治療がよく奏功し、呼吸に改善がみられたが、炎症のない患者には奏功しなかった。気管支拡張薬への反応は、どちらのグループでも同様だった。

白血球が関与しない喘息が50%近い

Fahy氏は「今回の研究は、喘息は一つのタイプの疾患でないという考えを強固にするものである。白血球が関与しない症例が50%近くに達するということは、多くの異なるサブタイプの存在が考えられる」と述べるとともに、「軽度から中等度の喘息のかなりの症例が、メカニズムのほとんど知られていないタイプであり、新しい治療法の必要性が示されている」としている。

医師は喘息患者に対し喀痰が多いかどうかを尋ねることを助言している。もし多いようであれば、コルチコステロイドが奏功しやすい。

重度の喘息ではなかった私が試したこと

運動や栄養を摂ることはもちろん、副腎疲労という概念でストレスを抑え、副腎皮質のサプリメントを飲んで症状を抑えました。万人に通用するやり方ではないとおもいますが、中には功を奏する場合もあるとおもいます。

喘息も主観的にはプラセボ群は効果がある

喘息患者への気管支拡張薬vs. プラセボvs. 無治療

私自身、3年前喘息の診断がだされ、復帰するまでに大変な思いをしたので簡単に記しておきます。

NEJM誌2011年7月14日号で発表された内容を医療ライターの武藤まきさんが翻訳してくださった記事の抜粋になります。

喘息患者へ4つの介入群の客観的指標および主観的評価の変化を比較

Wechsler氏らによるパイロット試験は、
①積極的介入としてアルブテロール吸入(サルブタモール、商品名:サルタノールインへラー、アイロミールエアゾール)と、

②プラセボ吸入

③シャム鍼治療

④無治療の4つの介入後

の急性変化について比較された。

12回の受診時には毎回、客観的反応の測定として、介入後に各20分の2時間にわたるスパイロメトリーが行われFEV1最大値を測定。
また主観的反応の測定として、症状の改善認知度をスコア0~10のビジュアルスケールを用いて回答してもらうとともに、
受けた介入が実際の治療と思うかプラセボと思うかも回答してもらった

主観的症状にはかなりの効果

客観的評価の差は有意、しかし主観的評価の有意差は気管支拡張薬 vs.プラセボに認められず試験を完了したのは39例であった。
結果、FEV1が、アルブテロール吸入群では20%増加したのに対し、他の3つの介入群はそれぞれ約7%の増加(P<0.001)。

しかし、患者評価の結果では気管支拡張薬とプラセボ間に有意差は認められなかった。改善したと回答した患者は、アルブテロール吸入群は50%、プラセボ吸入群は45%、シャム鍼治療群は46%であった。

ただし、3群とも無治療群(21%)よりは改善したと回答した人が有意に多かった(P<0.001)。

結果を踏まえてWechsler氏は、「プラセボ効果は、臨床的に意味があり、積極的な薬物療法の効果についてライバルとなり得る。臨床管理および調査デザインの視点から、患者評価は信頼できないものであるが、客観的評価を確認するために臨床試験の基本項目とするのであれば、治療をしなかった患者群の評価も基本項目に入れるべきであろう」とまとめている。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約