03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

湯船に毎日浸かることが認知症予防

お久しぶりです、最近はYouTubeチャンネルの作成が楽しく、blogがとことんおろそかになっております。たまには更新しないとですね。

さて今回はYouTubeチャンネルでも語っております、湯船につかるといろいろと良いことがあるというお話しです。

なんと毎日湯船に浸かっている方は、週2回の方とくらべて要介護の認知症になるリスクが約30%減るらしいのです。

面白い研究ですよね。

筋力や関節可動域など体性感覚が認知機能と多いに関係していることからも判るように、おそらく入浴による皮膚圧受容器や温覚などさまざまな受容器が脳にいろいろな信号を送るからでしょうね。

カイロプラクティックは健康科学です。どちらかというと予防医学の範疇に入ると大学で教わりました。

いったん病気になってしまうと医療費がかさみ建設的な生き方でなくなることが多いです。

背骨のケアをしながらいつも皆さまが病気になるリスクを下げることばかり考え、お伝えしております。

ご自身の健康へどんどんアイデアを使っていきましょう!またブログも少しずつ更新していきます!

気分は食べたもので決まってくるよ

当たり前の話だけれども食べたもので気分の変化がある。個人的には「後味」ということだとおもっているけれど、健康を害している方の中には全然そんなことを気にしていない方もいるので、びっくりさせられることがある。

ケーキを食べるひと

昔から医食同源という。向精神薬はいらないんじゃない?

例えばお肉をがっつり食べた後や砂糖の沢山入ったお菓子を食べると身体が重く、気だるく感じる。これらは消化に時間が掛かったり、逆に胃への血流が一時的に悪くなることと関係があるように思う。

いまはこのようなことが調査で明確になってきているので、我々カイロプラクターも発言しやすい。

30才までと30才以降では精神的健康に影響を与える食べ物が違う

30歳未満の若年成人と30歳以上の中高年では、精神的健康を改善するために必要な食物が異なるようだ、という米国ビンガムトン大学からの研究報告。

インターネット調査によるものの、世界各地の人々に食べ物と気分、感情の関係性に応えてもらうように依頼し、次のようなことが解かってきた。

30歳以下は肉食に気分が関係している。

肉

若い人は肉を意識

中高年は身体が酸化しない物質が多くふくまれている果物などの摂取が気分の改善に役立つ。
逆に交感神経を不用意に刺激するようなコーヒー、ラーメンやカレーライス、豚カツのような高グリセリック・インデックス食(高GI食)を減らすことも、気持ちの状態を維持するのに関連しているみたいです。

フルーツ

中高年は意識してフルーツ

このあたりは1日2.3杯の珈琲は活動的になり精神的健康にも良いという研究報告も多く(特に女性では)、何杯くらいの珈琲のことを言っているのかはわかりません。

若者は運動と肉をたべよう

運動自体が気持ちに影響を与えることは良くしられているので、特に若者で週に3回未満しか肉(赤肉または白肉)を摂取せず、運動も週に3回未満しかしない若年成人は、かなりの精神的苦痛を示したようです。

中高年は抗酸化物質(くだもの)を食べよう

中高年の気分は、この研究ではフルーツと書かれているがいわゆる抗酸化物質の摂取が鍵になるみたいです。おそらく年を重ねて身体の各所の酸化が進むからだと考えられます。

http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/1028415X.2017.1411875?journalCode=ynns20

新しい情報をどんどん取り入れて実践をしよう

高齢の方でも精神的に健康な方は果物を沢山食べてるみたいですね。欧米と日本では食文化や腸内細菌叢が違うから民族によって違うんじゃない?という意見ももちろんありますが、全く参考にならない訳ではないと私はおもいます。

少しでも気分良く生きていたい方はライフスタイルの一つに取り入れてみてください。

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約