養老先生の解かりやすい説明

2019年3月1日

身体が基本 どんどん使おう

著名人のお話をネットサーフィンすることがある。
テレビを見なくなった生活が長くなり、流行りごとには疎くなる一方ですが

その時間を著名な先生方のお話を聴けると思うと実に便利で、良い時代だなあと実感します。

大学時代の恩師である市川早苗先生も、解剖学講義の時には実際の解剖をしていた頃のご感想などを語ってくださったものですが、人体の構造とは「まさに神秘」だそうです。

下記のリンクの中で養老先生が人体のことを小宇宙と表現されていますが、まだまだ解かっていないことの方が多いことがよく伝わってきます。

『自分の身体を動かすかを分かっていない方が9割9分』というのは正にその通りと思います。

冒頭の「身体を使って働け」というはカイロプラクティックの臨床においても説得力のある言葉で、臨床現場ではお身体を使ってお仕事されている方は回復が早いのです。