サーモグラフィーで腰痛は判らない

2019年3月3日

身体が冷えてるかといっても腰痛とは関係のないという研究です。

一般的に身体が冷えると免疫力が低下することは知られていますが、事腰痛に関してはお体の冷えるとは無関係のようです。

腰痛患者41名と健常者46名を対象に二重盲検法を用いてサーモグラフィー、Spinoscopy、Triaxial dynamometryの診断精度を比較した結果、サーモグラフィーには臨床上の価値がほとんどないことが判明。http://1.usa.gov/NJQgGe



これは腰痛があるのに健康なふりをした群と健康なのに腰痛があるふりをした群に分けて、3つの診断装置が被験者の嘘を見破れるかを比較した興味深い研究です。いずれにしても、サーモグラフィーが腰痛の診断に有効だとするエビデンスはありません。

体を冷やすほうが良いと言っている訳ではありませんから。
それにしても意外な研究結果ですね。