03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ギックリ腰、腰痛でも休まない方がいい

長期休めば仕事復帰する可能性が下がる~海外のデータ~

ギックリ腰や腰痛になると
「会社は休むしかないなぁ」と普通は考えますが、海外のデータだとなるべく欠勤しないほうが良いことが判っています。

わたしもこのデータに基づいて、無理にでも出勤してもらっていた時期もありましたが、時と場合によります。

ブラックな企業の場合など、心底お身体が疲弊してると、もう休んじゃったほうがいいですね、1日2日くらいは。
それも歩くのが困難な状況です。

そもそもブラック企業に所属していることは「ブラックフラッグ」をお持ちということでぎっくり腰になりやすいですし、慢性腰痛に移行しやすい旗印だということです。

 【エビデンス】
■腰痛のために仕事を休む期間が長くなると、仕事に復帰できる可能性は低くなる(★★★)

基本的には仕事そのものが回復を促しますので、できるだけ早く職場復帰することを考えましょう。また段階的に作業量を増やして行くなどといった職場の協力も不可欠です。

カイロ治療を受けるメリット

腰を休ませる方向ではなく、動かす方向の方が良いということです。ぎっくり腰やっちゃった! というときは、普通に生活していれば良くなります。
ただ日本の場合、ストレスだけでなく肉体が疲労困憊しているケースもあるので、そういう場合は身体を休ませるために1日2日は休んでもいいかもですね。

カイロ治療を受けるメリットは、発症から1週間以内にカイロ治療を受けると回復が早まり、回復までの見通しがわかる。尚且つ慢性腰痛に以降しないための知識を受け取ることができます。費用は現状2.3回ご利用になると1万円~1万5千円くらいでしょうか。

カイロ治療を受けない場合リスクとして、痛みが比較的長引く、呼吸法や動きの確認などをしないため再発リスクが高まったり、慢性腰痛へ移行するリスクが高くなります。

人生の中で8割の方が大なり小なりぎっくり腰を体験します。考え方によっては、このときがカイロ治療を受けるを受ける良いタイミングになります。

これは現代西洋医学に比重が偏りすぎている「医学感」を見つめなおす良いキッカケになるでしょう。
あまり代替医療よりになりすぎるのも時として良くない場合もあるとおもいますが、西洋医学よりになりすぎるのも良くないように私は考えています。

その方個人個人のバランスがありますから、うまく都度中庸を保てるような心構えが必要なのではないでしょうか。

ぎっくり腰回復の青写真

基本的にぎっくり腰はほっておいても改善していきます。1週間以内にカイロ治療を受けた方が、ある程度のところまでは早期に回復していきます。
もともと腰が硬く機能性が低下している方は、下記のように暫く痛みが残る感じがする方が、臨床上は多く感じられます。

 

■重度の腰痛と活動障害は数日~数週間で顕著に改善するが、軽度の症状は長期間持続することがあり、数か月におよぶ場合も少なくない(★★★)。http://amzn.to/Hk8veA

急性腰痛(ぎっくり腰)は慢性化することがあるけれども、その多くは数日から数週間以内に改善するものだと考えてください。基本的には予後良好な自己限定性疾患です。

 

★三つです。カイロ治療を受ければ一定のところまでは一気に回復することが多いです。運動習慣がある方は比較的早いですね。運動習慣もなく、身体の使い方に意識を向けたことがないかたですと、上記の軽度の症状が長期間持続することは珍しくないです。治せないのではなく、その方が痛みが出る動きしかできないからです。

この身体の使い方の差は、驚くほど大きいことを最近は実感しています。症状で書いてしまえば「腰痛」とか「肩こり」の一言ですが、その背景にあるもの、歴史、社会状況などがあるわけで、単に一症状で考えないほうが良いな とおもいます。痛みだけを取るというよりは、その背景に目を向けていくことが大切なんだな、と最近は思います。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約