WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

脚の痺れとカイロプラクティック

脚の痺れ、痛みにカイロプラクティックはどれくらい有効なのか?

脚の痺れでカイロプラクティックを受けたことのある人、これから受けようか考えている方への情報となれば幸いです。

脚

脚の痺れにカイロプラクティック治療はどれくらい有効か

実際私もカイロプラクティックの臨床に携わり、大学で学んできたこととの差異に苦しんだり疑問に思う部分がありましたので、きちんとしたエビデンスを知ったときに理解が深まりました。

それではカイロプラクティック治療が具体的にどれくらい痺れのような脚の症状に有効なのかを見ていきましょう。専門用語が多いので噛み砕いて説明できたらと思います。

その① 腰痛や背中の痛みを伴う下肢痛(腰椎の神経・筋骨格筋構造の異常が原因)

簡単にいうと腰の痛みを伴った脚の痛みについての研究です。単に脚の症状だけでなく、腰も痛い場合。

12週目の時点では脊椎マニピュレーション(背骨の操作)はあらゆるメリットがある

現時点で解かっているのは12週目の時点ではあらゆることでメリットはある、ただし1年の時点では有効な差はないようです
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1356689X07001658

これは臨床に携わっていると良く分かるのですが、脚の痺れというのは簡単にとれるものではありません。これを見ると3か月の時点ではあらゆるメリットがあるということです。

例えば1か月治療を受けて、脚の症状が残っていても普通です。しかしカイロプラクティック治療を受けていない方と比べると大きな差があるということです。

そしてご覧のとおり、1年後に何等かの症状があってもおかしくないくらいシツコイ症状です。ですから3.4か月を目安にカイロプラクティック治療を受けるというのは賢い選択となるでしょう。

カイロプラクティックが法制化されていない日本の臨床現場では、現実的にはもっと早い回復を試みています。当院では筋膜をとこととんリリースすることで回復を促しています(施術はめちゃめちゃ痛いです…)

その② 健康助言+脊椎マニピュレーションは、健康助言のみより優れるも52週(1年)は持続しない

ただ単に生活のアドバイスを聞くよりも、背骨の操作を受けてから+健康アドバイスを受けたほうが効果があるとういことです。ガイドラインに沿ったアドバイスは痛みを恐れずに、なるべく日常に近い生活を心がける事。安静にすることではありません。

問診風景

アドバイス+背骨の操作

カイロプラクティック治療は背骨を操作しますから、尚且つ健康アドバイスを行ってくれる治療院を探すといいでしょう。

注意したいのは52週ですから約一年後には他の療法と差がなくなってくるということです。
考えてもらいたいのは52週の時点でも症状があることは多いということです。

介入:脊椎マニピュレーション治療:SMT+ 居宅運動と健康助言(HEA) vs HEAのみ12 週間。

12週時点でほぼ全てのセカンダリアウトカムに対し改善、しかし、52週めで全般改善、自己満足度、医薬品使用でのみ改善。
重篤な治療関連副事象、死亡事例生ぜず。
Limitation: Patients and providers could not be blinded.

結論:BRLPに対しのSMT+HEAは、12週時点ではHEA単独より有効。だが、その効果は52週間持続せず、特定のアウトカムのみ持続。
Primary Funding Source: U.S. Department of Health and Human Services.

腰下肢痛へのmanipulatonは、短期効果については確立しているように思える。ただ、長期になると、不十分なようだ。

脚の症状はカイロプラクティックのマニピュレーションを受けないよりは大分いいが、1年も受け続ける必要はないでしょう。

補足 座骨神経痛フォローアップMRI検査は無駄

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1209250

座骨神経痛生涯発生頻度は13-40%に及ぶ。座骨神経痛の経過は良好なことが多く、大多数では八週間以内に自然消失する。長期的な保存的治療でも改善せず、持続する場合、手術が提供されるが、画像診断と手術技術発展はあるものの、必ずしもここ数十年手術の成績は改善していない。

にもかかわらず、MRIが、腰椎椎間板ヘルニア、持続的座骨神経痛例にMRIが頻回に施行されている。

問題ですね。私の考えでは、多くの坐骨神経痛は筋膜の連結が硬くなって発生しています。腰の手術をしても良くならないのはその為です。

保険が効かない代替医療は値が張るのか?

カイロプラクティックを通じて、生産的な人間社会を考えています

保険を請求せずに、保険治療の何倍も時間をかけて対応している日本のカイロプラクター

保険はきかないんですか?

カイロプラクティックに興味をお持ちの方から、このような意見を頂くこともあります。保険適応の医療に比べてしまうと高いのではないかと。例えばぎっくり腰への対応は最初が肝心です。基本的な考え方から教育するので慢性化しずらいです。この差は冗談抜きに非常に大きいです。

また慢性痛をお持ちの方は生産的な状態ではありません。そこから解放されていくことは生産的で稼げる人間になっていくこと以上に、自由で喜びに満ちた人生になっていくので金銭だけでははかれない人生の質(QOL)の向上もあることを言及しておきましょう。

さあ、みなさん健康に投資しましょう!!

・慢性腰痛患者の医療費は年間2倍と試算

2012年英国の研究です。腰痛があると他の医療費もかさむようです。

まず急性腰痛の場合

急性腰痛は初診時に正確な情報を得ることが命です。これは慢性化するのを防ぎ、さらに再発率も下げることが明らかになています。この正確な情報とは問診で解かる、レッドフラッグがなければ画像診断はしない方が良いということも含まれています。(AHCPR Clinical Practice Guidelines, No.14)

簡単に言うと、ぎっくり腰になった時に「あ~これは骨盤のズレが原因ですねぇ」と説明をうけてしまうと、そういう頭になってしまいますから、相当な損失があるとお考えください。もともとカイロはズレを治すためにアジャストしてるわけではないのです。

当院は大切なお話を、初診に1時間かけて丁寧お伝えしています。ヨーロッパの腰痛診療ガイドラインに従うと、これくらいの時間が必要なのです。オーストラリアのメルボルン州ではぎっくり腰時に1時間かけるといいます。なぜかって?その方が州単位での医療費が大幅に削減できるからです。 もうおわかりですね。個人においても同じです。

皆さんの周りに慢性腰痛になってしまった方はいますか?

その方々は生涯で何回くらい立てないくらいの腰痛になっているでしょうか?

自由診療の形式で新しい腰痛治療を行っている良心的な医師がごく稀にいらっしゃいますが、通常新しい腰痛の治療法は現行の診療報酬制では実施不可能と言われています。そのため本邦では腰痛患者が増加の一途をたどってます。

2012年末に日本整形外科学会が診療方針を変更しましたが、医療現場におりてくるにはまだまだ時間がかかりそうです。2012.12.30共同通信)

そしてどれくらい活動性が失われ、再発に恐怖して時間を損失しているでしょうか?

慢性腰痛になれば仕事での生産性は落ちます。そして一般的な保険診療へは毎日の通院が強いられます。多く通院するということはそれだけ生産時間が削られます。活動も制限され、思考も消極的になり楽しいこともできなくなります。

計画的に治療します

カイロプラクティック治療は計画的ですから、生産時間が必要以上に削られません。また当院では筋骨格系の疼痛管理に不可欠な運動療法の習得により「自己コントロール感」の体得を目指すセルフ・ケアを目指していますので、自己管理ができるようになります。

痛みが続くと生産的な思考でなくなり、鬱になるということです

慢性疼痛とは鬱状態でもあるということ

鶏と卵の話になりますが、痛みが慢性化するということは『うつ』  なのです。ぎっくり腰になる時は、その時点で相当な社会心理的なストレスを感じている時なのですが、急性腰痛から慢性腰痛になるときも『うつ状態』が関連していることが解かっています。

慢性腰痛は命に関わらない問題か?

2009年の研究です

近年ではスウェーデンで、こんな研究結果もでてきています。‎

25~74歳の一般住民1,609名を最長14年間追跡調査した結果、広範囲にわたる慢性疼痛を持つ被験者は、疼痛のない被験者より死亡率が高いことが確認された。その死亡率上昇は、喫煙、睡眠障害、身体活動低下と関連していた。(2009;31,Andersson HI.)

マインドセットの差です 病気の対処療法をつづけるか、ウェルネスケアか

健康マインド へ シフトチェンジ

発想の転換への数々のヒント

マインドが健康に向かう為、長期的にみると他の疾患の予防にもつながるといえます。生産的な人生が送れるようになるきっかけに当院でのカイロプラクティック・マイオセラピーをお勧めします。長期的にみて慢性痛の無い生活というのは計り知れない利益があるということです。

ついに腰痛とお金に関する研究がなされました!!(2012年1月)

腰痛のため早期に退職した人の多くが、継続的な財政困難に直面していることが、新しい研究で示されたようです。なかなか興味深い内容です。

腰痛は命にかかわる問題ではないといいますが、人生の質という観点からすると大きな要素です。 単に痛みがあるか無いかだけではなく、金銭的な面でも影響が出るというのです。

医学誌「Pain(疼痛)」2012年1月号に掲載された内容によると 腰痛患者680人を追跡調査してみると、腰痛が無くフルタイムで働いていた人に比べると現役引退後の貯蓄高に大きな差があるという。

男性では腰痛で早期退職した45~54歳、65歳までの貯蓄額のが5,400ドル(約43万2,000 円)、これを年金額に換算すると1年あたり314ドルと推定された。

45~54歳でフルタイム勤務を続ける男性では、65歳の退職時の貯蓄額は36万6,000ドル(約2,800万円)を超え、年金額は年2万1,000ドル(約168万円)であった。

女性では、腰痛で早期退職した人の貯蓄額の中央値は約2万1,700ドル(約174万円)、 年金額換算で約1,100ドル(約8万8,000円))、

定年までフルタイムで働いた人では25万6,500ドル(約2,050万円)、年金額換算で約1万3,000ドル(約104万円))と推定されている。

早期退職では他の疾患よりも貯蓄高が少ないようです

シドニー大学教授のDeborah Schofield氏は、
「他の健康問題が原因で早期退職した人に比べ、腰痛により退職した人では、65歳時点で貯蓄のない人の数が2倍を超える。また、腰痛がありながらフルタイム勤務を続けている人でも、慢性的な健康問題のない人に比べると貯蓄額が少なかった」と述べている。

代替医療にお金を使うから貯金が少ない ではない

痛みがある人は発想が悲観的です

これは腰痛のある方にお伝えすると『腰痛の人はこういうマッサージとかカイロでお金を使っちゃうからでしょう』とすぐ仰いますが、そうではありません。生産的な人間ではなくなってしまっているのです。

貯蓄額は中央値なので、とてつもない高所得者も交じっていることが考えられますが、コレくらい差があると
真面目に考えたほうがいいとおもいますよ。

身体の痛みに関しては真面目に取り組まないと社会的な損失につながります

社会的な価値感の問題でもあるのですが、超高齢化社会を迎えて高齢者達の多くは毎日対症療法や薬物療法を受けに病院や接骨院に通っていると聞きます。国の政策で医療費だけで税収を上回る年が続いて何年になるでしょうか?

おそかれ早かれこのようなシステムは継続することができないであろうと私は考えています。私はカイロケアを通して、生産的な社会になるきっかけを提供して行きたいと思います。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約