WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

カイロ治療(脊椎マニピュレーション)はどれくらいで見切りをつけるべきか

カイロ治療は1か月受けてみることをお勧めします

カイロ治療が保険適応でない日本の場合参考にならないかもしれませんが、どれくらいの期間を目安に背骨の矯正(脊椎マニピュレーション)を受けることを考えたらよいか。
確証度Dなので、人にもよるということなのでしょうが、だいたい1か月間は受けてみてということだそうです。

接骨院などでも骨盤矯正と称してさまざまな脊椎マニピュレーションが行われているようですが、ずっと背骨を中心に勉強してきたカイロプラクターとは観点が違うのかもしれませせん。

また逆もありまして、脊椎マニピュレーションを行わないけどカイロプラクティックと名乗っている治療院もあるようですから、未法制化状態の日本では一概にカイロ治療とまとめることが出来ないのが歯がゆいところであります。

エビデンス

肝心のエビデンスを見ていきましょう。

1994年に出されたAgency for Health Care Policy and Research 《米》医療政策研究機構による腰痛診療ガイドライン

★脊椎マニピュレーションによる治療を1ヶ月間行なっても患者の症状や機能障害の改善が認められない場合は、脊椎マニピュレーションを中止して患者を再評価すべきである(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO

ある程度の目安にはなると思います

日本で1か月毎日連続してカイロ治療(脊椎マニピュレーション)に通う人も少ないでしょうが、例えば2週間1日置きに来院してください… と伝えられ、2週間際立った効果が出ていないとしても、さほど損をしている訳ではないということです。

その時点で効果がないにしても 海外と比べるとまだ半分しか来院していませんよ とも言い換えることができます。本邦では保険適応でないので、費用との兼ね合いになりますが、ご参考になさってください。

あ、あと上記のように症状だけでなく、機能障害という観点も大事ですから単語を覚えておいてくださいね。われわれカイロプラクターは細かい背骨ひとつひとつの動き(機能)をチェックしています。

機能を回復させることによって結果痛みが取れてくる、という順番です。

ギックリ腰、腰痛でも休まない方がいい

長期休めば仕事復帰する可能性が下がる~海外のデータ~

ギックリ腰や腰痛になると
「会社は休むしかないなぁ」と普通は考えますが、海外のデータだとなるべく欠勤しないほうが良いことが判っています。

わたしもこのデータに基づいて、無理にでも出勤してもらっていた時期もありましたが、時と場合によります。

ブラックな企業の場合など、心底お身体が疲弊してると、もう休んじゃったほうがいいですね、1日2日くらいは。
それも歩くのが困難な状況です。

そもそもブラック企業に所属していることは「ブラックフラッグ」をお持ちということでぎっくり腰になりやすいですし、慢性腰痛に移行しやすい旗印だということです。

 【エビデンス】
■腰痛のために仕事を休む期間が長くなると、仕事に復帰できる可能性は低くなる(★★★)

基本的には仕事そのものが回復を促しますので、できるだけ早く職場復帰することを考えましょう。また段階的に作業量を増やして行くなどといった職場の協力も不可欠です。

カイロ治療を受けるメリット

腰を休ませる方向ではなく、動かす方向の方が良いということです。ぎっくり腰やっちゃった! というときは、普通に生活していれば良くなります。
ただ日本の場合、ストレスだけでなく肉体が疲労困憊しているケースもあるので、そういう場合は身体を休ませるために1日2日は休んでもいいかもですね。

カイロ治療を受けるメリットは、発症から1週間以内にカイロ治療を受けると回復が早まり、回復までの見通しがわかる。尚且つ慢性腰痛に以降しないための知識を受け取ることができます。費用は現状2.3回ご利用になると1万円~1万5千円くらいでしょうか。

カイロ治療を受けない場合リスクとして、痛みが比較的長引く、呼吸法や動きの確認などをしないため再発リスクが高まったり、慢性腰痛へ移行するリスクが高くなります。

人生の中で8割の方が大なり小なりぎっくり腰を体験します。考え方によっては、このときがカイロ治療を受けるを受ける良いタイミングになります。

これは現代西洋医学に比重が偏りすぎている「医学感」を見つめなおす良いキッカケになるでしょう。
あまり代替医療よりになりすぎるのも時として良くない場合もあるとおもいますが、西洋医学よりになりすぎるのも良くないように私は考えています。

その方個人個人のバランスがありますから、うまく都度中庸を保てるような心構えが必要なのではないでしょうか。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約