03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ずっとある身体の痛みは寿命を縮める

広範に慢性疼痛のある人は無い人より死亡率が2倍近く高い

腰痛や首痛などが出たときに順調に回復すればいいのですが、何もせずすんなり回復して、その後再発もしていない方は少ないとおもいます。実際に定期的に腰痛になる方は多くいらっしゃいます。

痛みや、朝から腰が重いなどの状態になると寿命を縮めることが研究で解っています。
ですから寝違えやぎっくり腰というのは軽度のものでも、しっかり診てくれるところを受診した方が生涯的には得策です。
しっかり診てくれるのは心理的な要因の説明をして、初診でストレスチェックなどを行い1時間かけて診てくれる所です。
(豪州ではぎっくり腰の初診は1時間かけるようです)

こんな研究があるようです。

■25~74歳の一般住民1,609名を最長14年間追跡調査した結果、広範囲にわたる慢性疼痛を持つ被験者は、疼痛のない被験者より死亡率が高いことが確認された(1.95倍)。その死亡率上昇は、喫煙、睡眠障害、身体活動低下と関連していた。http://1.usa.gov/k8QzfA

慢性疼痛は寿命を縮めてしまいますから、何が何でも急性期のうちに治してしまいたいものです。そのためには、迷信や神話ではない正確な情報と、根拠に基づく医療によるオーダーメイド・メディスンが重要になります。

慢性痛は完全に無くすことは難しいので、運動療法などさまざまなことをして

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約